Just another WordPress site

未分類

公務員でも可能な副業

公務員になりたい、と公務員試験の合格を目指してがんばっている人はたくさんいらっしゃると思います。無事合格をして、仕事をすることになった際に、気になることのひとつには、民間にはない、公務人だけの独特の決まりがある、ということではないかと思います。独特の決まりの中で、副業の禁止、というものがあります。簡単に言いますと、通常の業務のほかには、収入を得るような仕事をしてはいけない、というものです。これまで

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

公務員の志望動機について

昔から「安定した職」と定評のある公務員、しかし試験が難しいだけでなく、他の業種と比べて志望動機が書きにくいのも事実です。
「安定した仕事に就きたい」という本音を隠して、「市民目線で人の役に立ちたい」という旨を書く人も多いのではないでしょうか。
もちろん、市民目線は大切な事です。しかし公務員の志望動機とは「自分の能力をどう活かすか」をPRする格好の場でもあります。
そうは言っても(特に行政系の仕事は"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

公務員にはどのくらいの種類があるのだろうか

近年、高校や大学を卒業し、就職する学生にどこに就職したいか、将来はどんな仕事がしたいかを聞くと、大抵の人が公務員と答えます。最近は親も自分の子供にもなって欲しいという希望があるようです。たしかに、民間企業とは違い、給料も安定し、就業時間も安定しているので人気があります。しかし、公務員といっても種類はたくさんあります。まず、代表的なのは、市役所や県庁といった、市や県の職員です。市役所や県庁に勤める人

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

気になる!公務員の給料を紹介します

安定した職業として人気の高い公務員ですが、実際に就職するのにあたって気になるのは給料です。高給だと言われる事の多い公務員ですが、実際にはどれ位なのか、紹介していきましょう。
まず公務員と言われて一番初めに思いつくのが、役所・役場で働く事務職員です。私たちにとっても最も身近な存在と言えます。その気になる給料ですが、おおむね年収600~700万円程度です。思ったより多かったでしょうか。ただ気を付けるべ"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

公務員の年齢制限と変わり行く現状

公務員になるには年齢制限があります。
国家公務員、地方公務員によっても違い、ジャンルによっても違います。
地方公務員の場合、都道府県ごとに職員採用年齢が異なり、もっとも年齢枠が広いのが山形県の21歳から38歳となっており、大抵の都道府県で21歳から30歳前後となっています。
当然年齢が低い方が採用にメリットが大きいと言われていますが、長引くデフレ不況の中で就職氷河期や大手企業のリストラが目立つよう"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新